« 4月~5月スケジュール | トップページ | 5月~6月スケジュール »

C.C.シャイニー・エアロケース

トランペットのケースは色々なものが世に出回っていますが、僕は“コンパクトなシングル・ハードケースが良い”と思っています。 楽器以外の荷物量はその都度違うので別にし、守らなければならない楽器だけを一定の環境に保つ、という考えです。
僕が使っているケースは、これです。

Img_6477_2

C.C.シャイニー・エアロケースと同じものですが、“Eastman”というステッカーが貼ってありました(剥がれました)。だいぶ使い込んでいるのもありますが、この色合いや、表面のシボ加工はEastman独自のものらしいです。
ハードケースなのに超コンパクト。飛行機内はもちろん、高速バスの狭い網棚にさえ収まります。内部クッションは楽器型にくり抜かれていて防御力十分。

Img_6486楽器以外にマウスピース1本分のスペースと、オイルやグリス、スワブなどが入る小物入れ(蓋付)があります。僕は楽器の隙間にクロスを押し込み、蓋の内側アンコに鉛筆とクリーニングロッドを差し込んでいます。

ストラップは邪魔なことが多いと感じるので付けていません。持つ(抱える)or 置く、これがシンプルで安全、ラクだと思います。とくにこのケースは極薄なので抱えやすいです。

Img_6487ただ、このケースは持ち手が粗末ですぐに壊れてしまったので、革製の持ち手に交換。

Img_6488また蓋を閉める金具が見た目の割に華奢で、内部のバネが切れてしまったのと、閉め忘れに気付きにくいデザインだったので、もっとシンプルな仕組みの金具に交換。

中古で¥8,000で購入したケースですが、新品は2万円以上と結構するようです。でももし今のものが壊れて使用不能になったら、また同じものを買おうかと思います(何色にしようか選ぶのも楽しそうです)。

|

« 4月~5月スケジュール | トップページ | 5月~6月スケジュール »

Ⅴ.楽器」カテゴリの記事